潤静(うるしず)の中身を徹底分析【どんな成分が使われているの?】

潤静 成分

 

カサカサ肌のケアに効果が期待できる潤静(うるしず)ですが、肌に塗るものなので、気になるのは使われている成分ですよね。

 

カサカサ肌を改善することができたとしても肌に悪いものや負担がかかりすぎる物だったらやっぱり後々のことを考えると使いたくないですよね。

 

そこで今回は、潤静(うるしず)に使われている成分について調べてみました。

 

これから潤静(うるしず)の購入を検討中の方は是非参考にしてください。

 

潤静(うるしず)の成分はどんなものが使われているの?

 

まず大きな成分1つ目超高分子PGAポリグルタミン酸です。

 

この成分が配合されているから高い保湿力が期待できるわけです。

 

ちなみにこの超高分子PGAの成分は納豆菌などに含まれるあのネバネバの成分なんです。

 

その成分が肌の表面に膜を作ることで肌へのバリア効果によって肌の保湿効果が期待できるものです。

 

そして2つ目の成分は、3種類のセラミドが配合されています。

 

セラミドの働きは、外からの刺激から肌を守る効果が期待できます。

 

バリア機能をアップさせる働きですね。

 

セラミドは、人型セラミドといって元から、人の肌にある成分のため刺激が少ない成分と言えるでしょう。

 

そのため肌が弱い方でも安心して使うことができます。

 

3つ目の成分は、キハダ樹皮エキスが使われています。

 

キハダエキスの効果は、肌を引き締めて、肌荒れを防止する効果が期待できます。

 

肌をかきむしる状態を落ち着かせる効果が期待できます。

 

キハダエキスは、キハダや同属植物の樹皮から取ることができます。

4つ目の成分は、発酵プラセンタです。

 

発酵プランタは健やかな肌にするための有効成分がたくさん入ったプランタを酵母菌で発酵させたものです。アミノ酸量が大幅にアップをすることから美容効果以外にも健康効果が期待できます。

 

この4つの成分以外にもなんと11種類の植物由来の天然成分が入っているため肌に負担をかけることなくしっかりと肌のケアを行うことができるのです。

 

30日間返金保証があるため安心をしてチャレンジをすることができる

 

色々調べてみて肌に負担のかかるような成分は使われてはいないものの、やっぱりこういった商品はどうしても肌に合う合わないがあるわけですが、もし肌に合わなかった場合でも30日以内なら返金をしてもらえる制度があるため安心をして使うことができます。

 

こうした保証制度は、商品に自信があるからついているわけでそういった面でも安心できる商品といっていいでしょう。

 

まとめ

 

今回潤静(うるしず)に配合をされている成分について調べて見ましたが、しっかり効果が期待できる成分がたくさん配合されていて、この成分はほとんどのものが、肌に負担をかけない成分のため安心をして肌のケアをすることはできる商品と言えるでしょう。

 

皆さんも肌に優しい潤静(うるしず)を使って毎日しっかり肌のケアをしてトラブルのない綺麗な肌を手に入れてみませんか?

 

>>潤静(うるしず)の詳細はこちら